雅楽の紹介

「雅楽」の意味

「雅楽」という言葉には、「雅正の音楽」という意味があり、元来礼典などに用いられる正しい音楽という意味があります。それに対する言葉が「俗楽」であり、こちらは、一般的に演奏される音楽全般のことを指しています。

世界最古のオーケストラ、雅楽の歴史

「雅楽」の歴史は、今から約1400年前に日本に伝わってからとされています。もともと日本国内にも国振歌舞(くにぶりのうたまい)と後に呼ばれる固有の歌や舞が存在していましたが、そこにシルクロードを通って、遠くは現在のベトナム・インド、中国大陸・朝鮮半島を経て伝来した楽器や曲が加わりました。
その後、平安時代中期に行われた“楽制改革” によって雅楽曲の分類や演奏時の雅楽器の編成が整理され、現在の雅楽の形になったと言われています。
日本の「雅楽」は、日本古来の歌と舞、古代アジア大陸から伝来した器楽と舞が日本化したもの、およびその影響を受けて新しくできた歌曲の総体をいいます。

タイトルとURLをコピーしました