雅楽の紹介

「雅楽」の意味

「雅楽」という言葉には、「雅正の音楽」という意味があり、元来礼典などに用いられる正しい音楽という意味があります。それに対する言葉が「俗楽」であり、こちらは、一般的に演奏される音楽全般のことを指しています。

世界最古のオーケストラ、雅楽の歴史

「雅楽」の歴史は、今から約1400年前に日本に伝わってからとされています。もともと日本国内にも国振歌舞(くにぶりのうたまい)と後に呼ばれる固有の歌や舞が存在していましたが、そこにシルクロードを通って、遠くは現在のベトナム・インド、中国大陸・朝鮮半島を経て伝来した楽器や曲が加わりました。
その後、平安時代中期に行われた“楽制改革” によって雅楽曲の分類や演奏時の雅楽器の編成が整理され、現在の雅楽の形になったと言われています。
日本の「雅楽」は、日本古来の歌と舞、古代アジア大陸から伝来した器楽と舞が日本化したもの、およびその影響を受けて新しくできた歌曲の総体をいいます。

雅楽の有名曲『越天楽』

雅楽の曲は目的の曲を演奏する前に、その調子を表す「音取」(ねとり)という短い曲を演奏して、その場の雰囲気を整えてから演奏する習わしとなっております。

したがって、下の演奏では「平調」(ひょうじょう)の曲を演奏するので、『平調音取』を演奏してから当曲(とうきょく・演奏したい曲)である『越殿楽』を奏しています。

唐楽の代表曲『五常楽』

『五常楽』くは古代中国の唐の皇帝である太宗(たいそう)が貞観(627~649)の末期に作ったと伝えられています。
曲名は「五常」といわれる仁・義・礼・知・信(人の守るべき道徳)を
宮・商・角・微・羽の五つの音に配しているからとも伝えられています。

演奏:礼楽研究会
龍笛 山下裕嗣  篳篥 大畠暁人 鳳笙 布谷彩菜

タイトルとURLをコピーしました