雅楽の楽器

雅楽の楽器

雅楽の演奏で使う基本の楽器を紹介いたします。

篳 篥(ひちりき)

オーボエ、ファゴットなどの原型になったリード楽器で、葦を鏝(こて)でつぶした独特のリードを使用します。演奏時には主旋律を担当しますが、音程が非常に不安定であることから高い演奏技術が要求されます。

龍 笛(りゅうてき)

フルートの原型でほとんど運指が同じです。雅楽の曲は、まず龍笛の主管奏者の演奏から始まります。主に副旋律ですが主旋律を奏すこともあります。

鳳 笙(ほうしょう)

パイプオルガンの原型と見られる複管リード楽器です。吹奏楽器でありながら和音が出せるのが大きな特徴です。吹いても吸っても同じ音がでます。演奏時は伴奏楽器としての役割を果たしています。

雅楽の楽器

雅楽の三管(左から鳳笙、龍笛、篳篥)

タイトルとURLをコピーしました